ホテル・旅館

【レビュー】『ドシー 恵比寿』は女性OKのカプセルホテル!アラサー女が1泊した感想


一度でいいから泊まってみたかったカプセルホテル!

全国的に数があるものの、女性が宿泊できるところって少なめなんですよね。

そこでアラサー女の私が今回1泊したのが、恵比寿駅から徒歩1分の「ドシー(℃)」というカプセルホテル。

2017年にオープンしたばかりとあって、内装もおしゃれでキレイでした。

1泊したのですが、良いところもあれば正直イマイチなところもあり…。

ということで、ドシー恵比寿に宿泊してみての感想、部屋の雰囲気やアメニティ、お風呂の様子などを実際に泊まった人間がレビューします!

東京でカプセルホテルに泊まってみたい女性は、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

恵比寿「エッセンスカフェ」モーニングがおいしい!ノマドも捗る3つの魅力

ドシー恵比寿について

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-1
JR恵比寿駅から徒歩1分

引用:https://do-c.jp/ebisu/

恵比寿駅から本当に目と鼻の先で、西口を出て少し歩くとすぐに赤茶色の看板に白文字の「℃ sleep+sauna」の看板が目に入ってきます!

ちなみに道路を挟んで向かいにはセブンイレブンがあるので、ここで飲み物と食べ物を調達できますよ。

地下1階は焼き鳥屋さんになっており、ドシーの受け付けは2階です。

まずは屋外階段で2階まで登っていきました。

(写真は2階に登ったところ。右手側に入り口の自動ドアがあります)

木目調のナチュラルな壁とコンクリート風の地面という、温かみのある内装です。

受付の奥にはテーブルつきの休憩エリアがあって、こちらで作業をしたり飲食をしたりできます!

チェックインを済ませると、その場で宿泊の際に必要な鍵とアメニティが渡されました。

ちなみに鍵はカプセルエリアやシャワーエリアのドアを開けるためのものと、ロッカー用の2つがあります。

エリアを移動するときは必ず鍵が必要なので、絶対になくさないよう注意しましょう。

ドシーのアメニティ一覧!意外と充実していた!

一式アメニティが入っているメッシュ素材のバッグが、チェックイン後に渡されます。

・歯ブラシセット
・灰色の上下のスウェット
・バスタオル1枚
・フェイスタオル1枚
・使い捨てスリッパ

中身はこんな感じ!

カプセルホテルは本当に素泊まりでアメニティ類は一切ないと思っていたので、寝間着があるのはありがたいです。

館内にいる間はこちらのスウェットで過ごしてほしいとのことでした。

ドシーの女性専用エリアについて

ドシーは9階建てなのですが、男性エリアと女性エリアで完全に分けられています。

女性エリアはカプセルが7階と8階、サウナとシャワーが9階になっていました!

私は8階に宿泊したのですが、このようにロッカーエリアとカプセルエリアに分かれています。

(3階から6階までは男性用カプセルとサウナスペースになっています)

まずは受け取った鍵でエリアを開けると、入ってすぐ右手にロッカールームと化粧室の部屋がありました。

先にこちらでスーツケースなどの荷物を預けて、スウェットの館内着に着替えてから自分のカプセルに入りましょう。

トイレは奥の方に3つほどあり、どれもシンプルで掃除も行き届いていました!

 

大きなスーツケースを収納できるエリアもあれば、ロッカー自体も大きめのボストンバックやコートがかけられるだけの広さと高さがあるので、1泊程度であればロッカーにすべて荷物はおさまると思います。

ドシーのカプセルについて

すみません写真のデータをなくしてしまいました。

カプセルの雰囲気はドシーの公式ページのギャラリーでご覧ください…。

居心地は良いが上段は上り下りが大変…

ずらっと白を基調としたカプセルが並んでおり、さながら宇宙船のよう。

私は上側のカプセルだったんですが、ぶっちゃけ階段を上り下りするのがかなり怖かったです。

おそらくカプセルホテルは全てこのような作りだと思うのですが、高所恐怖症の人は登り切れないかもしれません…。

横のはしごを登ってカプセルに入るので自分の体重を支える必要があり、ご高齢の方や体が弱い人は転落の危険もありそうです。

なので、不安な方はスタッフさんに相談をして、下段のカプセルに空きがないか相談することをおすすめします。

(高いところが苦手な私はスムーズに降りられず、トイレもままなりませんでした…)

無料Wi-Fiで快適にネットが使えるのがグッド

で、肝心のカプセルの中は女性の身長なら十分に足を伸ばせるほどのスペースがあります!

私は身長162㎝ですが、座っても頭をぶつけない程度の高さがあるので膝にiPadを置いて作業をしながら過ごすことができました。

カプセル横に、コンセントとUSBを差し込む場所が1つずつあるので、スマホなどのガジェットの充電がしっかりできるのもグッド。

 

無料のWi-Fiもあるので通信料も気にしなくてネットができます(通信も割と高速で映画を見ても止まることはありませんでした)

 

せまい空間なので息苦しくならないかなと心配だったんですが、これが意外と居心地が良い。笑

せますぎず広すぎないので、守ってもらえているような安心感があります。

音も静かで(誰かが出入りすればわかりますが)、想像していたよりもずっとリラックスして過ごせます。

荷物を毎回取りに行くのが面倒な人はm最低限必要な荷物をカプセル内に持ち込むのがおすすめです。

飲み物や着替えを取りにしょっちゅう出たり入ったりしなければ、上段カプセルでもそこまで負担ではないかと思います。

ドシーのシャワー&サウナについて

で、夜は疲れてそのままぐっすり寝てしまったので、朝早起きをしてシャワーを浴びにいきました!

サウナを利用するにはいったん受付に戻る必要があり

これちょっと複雑なのですが、シャワーは渡された鍵だけで利用ができます。

ただしサウナは一度受付で専用のカギをもらって、出たら再びカギを返すというシステムでした。

つまり、

1.8階のカプセルエリアから2階の受付に移動
2.受付からサウナロッカーキーを借りて9階のサウナへ移動
3.2階の受付にロッカーキーを返却
4.8階に戻る

こうした手順が必要です。

サウナは一般利用ができるので、別途カギが必要なのだと思いますが、わざわざエレベーターで2階に戻るのは面倒でした…。

また、エレベーターは1つしかないので男性と鉢合うこともあって、部屋着でうろうろしている様子が見られるのがちょっとハズカシイ。

混んでいるときはなかなかエレベーターが来ないので、余裕を持って行動する必要がありました。

ドシーのサウナの様子

ドシーのサウナは「ロウリュ」タイプ。

最近よく耳にするロウリュですが、これはサウナストーンに水をかけることで温かい蒸気を楽しめるというサウナ。

熱いストーンに水をかけると室温が一気に上がりますが、通常のサウナよりも乾燥しづらいので女性にぴったりの新しいサウナだと思います。

しかも蒸気はミントの香りがするので、寝起きの頭をシャキッとさせてくれました!

朝だったこともあって私以外には誰もいなかったのですが、サウナスペースは多くて10人程度が入れそうな広さです。

宿泊以外にもサウナだけの利用も1時間からできるので、宿泊以外の人も出入りしているようです。

で、サウナのあとのクールダウンは水風呂じゃなくて、TOTOのウォームピラーなのもドシーの特徴。

頭の上から細い棒状の水が落ちてくる、不思議な冷水シャワーで温まった体をクールダウンできます!

私は冷たい水風呂が苦手ですが、ドシーのウォームピラーは30度程度なので、冷たすぎずに心地いい温度でした。

ドシー恵比寿はこんな女性におすすめ

・恵比寿からのアクセス抜群!ホテルまでの移動時間を減らしたい人向け
・宿泊費1日3000円~ 安く東京に泊まりたい
・女性でも安全にカプセルホテルに泊まりたい
・サウナでリフレッシュしたい ロウリュを体験してみたい

このように、女性でも東京のカプセルホテルに泊まりたいという人に、ドシー恵比寿はおすすめです!

何よりこれ以上ない好立地なので、旅先で疲れた体をすぐに癒したい、移動時間を減らして寝起きからすぐに都心で活動したい人はとても便利なカプセルホテルです。

ドシー恵比寿がおすすめできない人

・ほかの客に会いたくない人
・一人でぐっすり眠りたい人
・シャワーだけじゃなく湯船に浸かりたい人
・きめ細かいサービスを受けたい人

すべてのカプセルホテルに言えることですが、音が気になる人はまず熟睡できないかと思います。

24時間365日人が出入りできる環境なので、深夜2~3時でもおかまいなくお客さんがカプセルエリアをうろうろしています。

荷物を漁る音、はしごを登る音、カプセルの中で頭をぶつける音。

こうした音が筒抜けなので、それでも眠れるという自信がある人にだけおすすめです。笑

私はイヤホンで映画を見ながら就寝したので、そこまで騒音で眠れないということもありませんでした。

なので音が気になる人はイヤホンや耳栓を忘れずに!

 

あとはエレベーターが一つなので、男性客ともけっこうな頻度で鉢合います。

男性客に会いたくない人にはあまり向かないカプセルホテルかなと思いました。

 

受付の方がけっこうな塩対応だったのもちょっと気になりました。

客の数をさばかなければいけないホテルなので、ある程度は仕方ないですが夜勤の方が事務的過ぎて驚きました…朝の受付の方々は明るく挨拶してくださったので偶然かもしれません。

が、あくまでカプセルホテルなので一般的なホテルの対応を期待している人は要注意です。

まとめ

総合的に見て、ドシー恵比寿は「カプセルホテルに泊まってみたい」女性におすすめのホテルです。

ぐっすり体を休めたい人には、いろいろと不便で向かない部分があるかなという印象でした。

あとはWi-Fiがあるので、カプセル内で黙々と仕事ができるのは私として高ポイントでした!

女性が泊まれるカプセルホテルはまだ少ないため、ぜひ恵比寿近くに寄られた際はドシーに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

恵比寿「エッセンスカフェ」モーニングがおいしい!ノマドも捗る3つの魅力

 

私は楽天トラベルから予約しました。お買い物した楽天ポイントがそのまま使えるので安く泊まれます。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。