植物の病気/トラブル

【写真あり】「うどんこ病」はどんな病気?原因・対策・予防法を知ろう


植物は人と同じく病気にかかることがあります。
なかでも乾燥しやすい時期に起こりやすいのがカビによる「うどんこ病」。

みなさんの大切な花や野菜の元気がなくなってきたり、変色が起きたりしていませんか?

その状態を放っておくとやがて植物が枯れ、さらにまわりの植物にも感染してしまいます!そこで今回は「うどんこ病」とはどんな症状なのか?私が実際に経験したときの写真や体験談を交えてご紹介します。

植物が感染する「うどんこ病」とは?

うどんこ病とはその名前のとおり、植物の葉っぱ部分にうどんの粉のような細かい白いかびが生える病気のこと。野菜、花、そして樹木などほとんどすべての植物が感染する恐れがあるので、ガーデニング初心者も対処法をマスターしておきましょう!

最初は葉っぱにうっすら白いカビの斑点がところどころにできてしまい、やがて葉っぱ全体に広がっていきます。それを放置すると葉自体が黄色く変色し、最後には縮れて枯れてしまうことも!

また、葉にカビが発生するので植物自体の生育も悪くなり、花も元気がなくなっていきます。

うどんこ病は高温多湿・乾燥のしすぎでも起きる!

基本的に冬以外の季節はいつでもうどんこ病にかかる可能性がありますが、特に多いのが初夏から秋にかけて。うどんこ病は雨による高温多湿の環境だけでなく、乾燥していても発生するカビが正体。

特に高温で雨が続く梅雨の時期はもちろん、乾燥する夏や秋にも起こりやすいです。しかも何年も生きる宿根草や樹木が発病すれば、冬はいったん症状が落ち着くもののまた翌年の春に再発しやすいのでさらに注意が必要!

特に同じ場所、同じ土で発病した種類の植物を植えると、うどんこ病にかかる可能性が高いです。

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

コスモスがうどんこ病にかかったときの写真と体験談

さて、ガーデニング1年生の私も寄せ植えしていたコスモスにうどんこ病がわかり、結局枯れさせてしまいました。時期は10月で空気が乾燥しながらも、天気の変化が激しく大雨が降ったと思えば翌日に夏のような日差しが降り注ぐなど、天気が安定しない時期でした。

ふと寄せ植えしているコスモスを見てみると、なんとなく花に元気がない…。

そろそろ花を摘もうかなと思っていましたが、葉も全体的に黄色く変色していることに気付きました。

こちらが実際にうどんこ病にかかったコスモスの葉のアップ画像。

全体的にうどんの粉をまぶしたような、白い粉がついているのがわかりますか?

うどんこ病の発見が遅れたため、葉や茎全体におよんでいて病変をすべて取り除くことができず、泣く泣くコスモスを抜き取ることになってしまいました…。

うどんこ病は初期で気づければ、十分に植物の元気を取り戻せる病気です!

私のように大切な花や野菜を枯らせてしまわないよう、ぜひうどんこ病への対処法を覚えておくことをおすすめします。

うどんこ病が見つかったときの対処法は?

重曹・酢水スプレーをかける

うどんこ病は初期の段階なら、重曹やお酢を水で薄めたスプレーを散布するだけで、繁殖をおさえることができます。

・重曹1gに対して水500ml
・お酢3㏄に対して水50ml

どちらかの溶液を作り、スプレーボトルに入れてうどんこ病になっている葉に噴き掛けましょう。うどんこ病のカビはアルカリ性の重曹やお酢のパワーによって、繁殖ができなくなります。

この方法なら無農薬で植物に負担をかけずにうどんこ病が治療できますよ。ただし、お酢や重曹の量が多いと植物が奇形化する原因になることも。

1回スプレーをしたら2~3日様子を見て、また粉が増えるようだったら再びスプレーをして治していきましょう。

専用の農薬・殺菌剤を使う

うどんこ病を殺菌するための農薬や殺菌剤を使う方法があります。

無農薬野菜を育てている場合は抵抗があるかと思いますが、もっとも確実な方法と言えます。

また、あらかじめうどんこ病を予防するためのスプレーも販売されているので、不安な人はチェックしてみてくださいね。

 

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 1000ml(アブラムシやうどんこ病対策に)(4901080289117)

価格:1,259円
(2017/10/9 21:43時点)
感想(0件)

私はこちらのスプレーを使っています。たまたま虫退治用に買ったスプレーですが、うどんこ病対策にもなるので、今は予防もかねて鑑賞用の花に月1回の周期で撒いています。

殺菌剤  サプロール乳剤 500mlバラのうどんこ病特効薬!その他野菜・果樹等の病害防除に

価格:4,850円
(2017/10/9 21:47時点)
感想(1件)

ベニカXファインスプレー 1000ml 観葉植物、花などの殺虫殺菌剤。【花 薬】【観葉植物 殺虫剤】【アブラムシ 駆除】【うどんこ病 殺菌剤】【灰色カビ病 殺菌剤】【ハダニ 駆除】

価格:1,263円
(2017/10/9 21:48時点)
感想(1件)

「うどんこ病 予防 スプレー」で検索すると、たくさんの商品が出てきます!

ここで紹介したのはほんの一例ですので、お好みのものを探してみてくださいね。

葉を切り取る

うどんこ病にかかってから時間が経っているとお酢のスプレーでは自然治癒がむずかしくなります。

その場合はこれ以上カビが全体に進行しないよう、白い粉がついた葉を切り取りましょう。せっかく育てた大切な植物の葉を切るのはつらいですが、きちんと病変を取り除ければまた元気に育つ可能性もあります。

うどんこ病の予防法は?

うどんこ病の予防は、まず先ほどご紹介したように予防用の薬剤を使う方法があります。また、高温多湿や過度な乾燥を防ぐために生育環境にも注意しましょう。

私がコスモスを枯らした原因は天気だけでなく、寄せ植えによってプランターに隙間がほとんどないほど花を植えていたこと。

全体的に寄せ植えした花たちが大きく育っていたのに、大して切り戻しをしなかった結果、土の水はけも悪くなっていたのだと思います。日当たりが悪いところだと余計に多湿になりやすいので、ベランダで育てている人は屋根が邪魔になっていないか今一度確認してみてください。

まとめ

うどんこ病ははやめに対処すれば、ほとんど植物を傷つけずに自然治癒させられる病気です。

一番の予防は毎日葉の様子を確認して、白い粉のようなものが葉についていたらスプレーですぐにケアしてあげること!

また、うどんこ病になりやすい初夏から秋にかけては、定期的に予防のための農薬を使うのもおすすめですよ。

スポンサードリンク

 


 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。