花の育て方

チョコレートコスモスの育て方!切り戻しのタイミングと咲かない原因


この時期花屋さんやホームセンターでもよく見かける、チョコレートコスモス。
深みのあるチョコレートカラーの花はシックでかわいらしさもある、個性的な見た目をしています。。
そんなチョコレートコスモスは春から秋にかけて定番の花ですが、実は高温多湿に弱く初心者には少し育てにくい部分もある花であることを知っていますか?

私も今月念願のチョコレートコスモスを植えたのですが、つぼみはつけてもなかなか花が咲かず困っていた時期がありました。
そこで今回はチョコレートコスモスの基本の育て方の情報から、咲かない原因、切り戻しのタイミングなど初心者が知りたい情報をまとめました!

チョコレートコスモスの基礎知識

学名…Cosmos atrosanguineus
科・属名…キク科・コスモス属
原産地…メキシコ
草丈…30~70㎝
開花期…5~11月
花の色…赤紫

チョコレートコスモスはキク科コスモス属の花。
もともとはメキシコで生まれた花で、大正時代に日本にやってきたそれなりに新しい花です。
実はコスモスの中でもチョコレートコスモスは、すでに野性の原種が絶滅していて、今流通している花は、さし芽や分球して増やした株が売られています。

チョコレートコスモスの種類・品種

ノエル・ルージュ

深い赤色の花が特徴で、キバナコスモスとの交配種。
こちらは高温にも寒さにも割と強いので、チョコレートコスモスの中でも比較的育てやすく初心者におすすめ!
マイナス5℃まで耐える耐寒性があるので、東北の寒い地域でも越冬できます。

キャラメル・チョコレート

オレンジにキャラメルのような褐色がかった、明るめの色合いです。
根があまり大きく育たない品種のため、ほかのものとくらべて越冬しづらく玄人向き。

コスモス・アトロサンギネウス

香りが強くチョコレートのような深みのある香りがありますが、高温多湿に弱くうどんこ病にもかかりやすいです。
春に植えると暑さで夏越しができない可能性があり、夏が涼しい北のエリアか高地でよく育ちます。

ショコラ

チョコレートコスモスの中でも暑さ寒さどちらにも強く、栽培しやすい品種。

ストロベリー・チョコレート

こちらはかなり赤みが強く、名前のとおりストロベリーのような深紅が特徴。
キバナコスモスとチョコレートコスモスが交配した新品種で、シックとかわいらしさが融合したような絶妙なカラー!
しかも寒さに強く、霜が降りる時期まで花が楽しめますよ。

私が店頭で見かける割合はショコラが多めだと感じています。秋咲きのノエル・ルージュはまだ現物にお目にかかっていません。

チョカモカ

 

私が育てているのはこちらのチョカモカ。ブラウンというよりも赤みが少し強めの色合いで、本当にきれいなコスモスです!

比較的寒さに強く育てやすいので、近所の花屋さんでもよく見かけますね。私が暮らす東北の田舎では人気ですぐ売り切れてしまうそうで、この間ホームセンターでダンディーなおじさまが30鉢くらい買占めしているところを見かけました。

 

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

チョコレートコスモスに合う用土は?

基本的に湿気が溜まりにくい水はけの良いものがおすすめです。
基本的に市販の培養土で問題ありませんが、赤玉土と腐葉土の組み合わせ、ピートモスでも問題ありません。
私はふかふかの培養土のみで、水はけがよくなるよう底だけでなく、土にも小さめの軽石を混ぜています。

チョコレートコスモスの水やりや肥料の与え方は?

水やりの頻度

チョコレートコスモスは多湿を嫌うので、土の表面が乾いたら水をたっぷりとあげましょう。
特に冬の間は乾燥気味でも問題ないくらいですが、根が乾燥すると枯れてしまうので適度に水やりをしてください。

肥料

肥料が多すぎると花付きが悪くなるので、少な目で問題ありません。
花が咲く生育期は液体肥料を2週間に1回くらいの頻度でかけてあげる程度と推奨されていますが、実際に育ててみると肥料を足さずとも割と育つことがわかります。
むしろ肥料のあげすぎは枯れてしまいそうなので、私は月に1回のペースで液肥を与えて様子を見ています。

日当たりについて

チョコレートコスモスはとにかく太陽が大好き!
太陽光が足りないと花をつけず元気もなくなってしまいます。
ですが、真夏の直射日光を浴びると暑さによって根が傷んでしまうことがあるので、夏真っただ中は少し日陰になっているところに移動させましょう。
ただし夏以外の季節は日照不足だと湿気が抜けず、根腐れやうどんこ病の原因にもなるため、ベランダの場合は日差しが当たるところに移動してあげてください。

越冬について

品種ごとで耐寒性が違いますが、基本的には鉢植えなら玄関先や中に入れてあげると安心です。
地面が凍ると根の呼吸ができず、枯れてしまうので氷点下に冷え込むときは水やりを控えるのがおすすめです。

チョコレートコスモスがかかりやすい病気・害虫は?

我が家のチョコレートコスモスです!苗を植え付けておよそ1か月。

やっと環境に慣れて花をつけるようになりました。

病気はうどんこ病に注意!

チョコレートコスモスで注意したいのが、うどんこ病です。
品種によってはうどんこ病にかかりやすいタイプもあるので、毎日欠かさず葉をチェックして、葉の変色や白い粉がついていないかチェックしましょう。
また、湿気が溜まると発生しやすいため風通しのいい場所に置いてあげることも大切です。

関連記事:バラやイチゴもかかる!植物の「うどんこ病」とは?原因と対策を知ろう

害虫はアブラムシやホコリダニ

アブラムシは春から秋にかけて発生します、花が枯れる原因なので葉の裏を確認して見つけ次第防除しましょう。
ホコリダニは高温多湿が続く梅雨から夏にかけて発生しやすく、せっかくの新芽の成長が止まってしまいます。

チョコレートコスモスの切り戻しのタイミングは?

夏の暑さが少し落ち着く8月の中旬から下旬にかけての時期を目安に、切り戻しをしてあげましょう。
株元から10~20㎝くらいまでざっくりカットしていきますが、それぞれの枝に葉を残すことを意識すると、また秋にたくさんの花を咲かせてくれます。

ちなみに咲き終わった花がらと花茎は、そのままにせず早めに回収してください。
葉に付着したままだとうどんこ病の原因になります。

チョコレートコスモスが咲かない原因は?

チョコレートコスモスは初心者向きの花と紹介されていますが、実は環境によっては花が咲きにくく一癖ある品種です。
せっかくチョコレートコスモスを植えたけれど、つぼみになるだけで花が咲かずに枯れてしまう…。
そんな人は、次の点を意識して環境を整えていってみてください!

日当たりが悪い

まず考えられる原因は、日当たりが悪い環境に置いていること。
コスモスは日光が大好きな花なので、日陰に置いていると日光不足になりつぼみが開かなくなってしまいます。
私もチョコレートコスモスを植えたころは、特に気にせず玄関のそばで管理していましたが、新しい花がつきにくくなってしまいました。
今は日光がよく当たる場所に移動して、少しずつですが上記の画像のように花が咲きそうなつぼみが増えてきています。

まだ新しい環境に慣れていない

繊細な部分があるチョコレートコスモスは、新しい環境に慣れていないうちはつぼみができても花が開きにくくなっています。
植物の植え替えは土を新しくしたり鉢を大きくしたり、人に例えれば引っ越しと同じこと。
新しい環境に慣れていないうちは、ストレスもかかり思うように過ごせないですよね。
チョコレートコスモスを植えて間もない場合は、まだ花をつける余裕がないのかもしれません。
花以外の葉や茎が元気なようであれば、もう少し様子を見ることをおすすめします。

花の数が減った、咲きにくくなったのは休眠の準備かも

チョコレートコスモスは休眠し、越冬できればまた春に咲く多年草です。
涼しくなる秋にかけて、花が咲きにくくなった数が減ってきた場合は、休眠の準備に入って成長スピードがゆるやかになっている可能性があります。
たまに肥料をかけて栄養を与えてあげましょう。

まとめ

チョコレートコスモスの特徴や育て方のポイントは次のとおりです。

・基本的には日光が良く当たる日当たりがいいところで管理
・夏の暑さが続く時期は明るさが残る半日陰で管理
・冬の寒さにも弱いので鉢植えなら玄関に移動してあげる
・通気性が悪いと根が腐りうどんこ病になりやすいので、風通しのいいところに置く

私もガーデニング初心者ながら、なんとかチョコレートコスモスを越冬させられるよう管理していきたいと思っています。
だんだん秋になり花つきが悪くなりましたが、また来年の春たくさんの花が見られるのを楽しみにしています!

 


; ;

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。