肥料の種類

液肥・液体肥料の種類は?花や野菜への使い方やおすすめ商品を紹介


花や野菜をおいしく元気に育てるのに欠かせない肥料。
液肥(えきひ)はその名前のとおり、液体でできた肥料のことでガーデニングの必需品とも言えるものです。
今回は液肥の種類や、花・野菜に使う時のコツをくわしくご紹介します!
おすすめの液肥も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

液体肥料の種類と特徴について

せっかく家にやってきた植物は、少しでも長い間元気にすくすくと育ってほしいものです。
そこで欠かせないのが、植物の育成をサポートしてくれる肥料!
肥料は大きく分けて固形肥料と液体肥料がありますが、液体肥料は水に希釈して植物に水やりをするように与えるのが基本です。

さらに液体肥料は「有機肥料」「化成肥料」の2つがあり、次のような違いを持っています。

有機肥料

有機肥料は植物や動物の骨などがベースで、自然由来の原材料で作られている肥料のこと。
自然由来の成分は分解から浸透まで時間がかかるので、散布後植物に効果が出るまで時間がかかる傾向があります。

主成分は動物性、植物性タンパク質やアミノ酸ですが、ほかに植物に欠かせない「窒素」「リン酸」「カリウム」を配合しているタイプも。

窒素…葉を大きく生長させるため
リン酸…花や実を肥やす
カリウム…根の発育を促進

有機肥料は種類によってこの三要素の含有量の割合はさまざま。
特に微生物で分解が進むことで、土もふかふかで健康的に保つのに役立ってくれます!
この状態を「団粒構造」と言い、大小いろいろな土の粒がうまく混ざり合うことで、通気性や保水性が高まること。
植物がすくすくと育ちやすい土壌です。

無機質肥料(化成肥料)

一方無機質肥料、化成肥料は自然界に存在する鉱物を使って作られています。
有機肥料は時間をかけて浸透していきますが、化成肥料は水に溶けやすく根の吸収もスピーディー!
即効性があるのが魅力です。
特に液体肥料の無機質肥料は根に浸透するスピードも速く、弱った花や野菜をいち早く元気にしてくれますよ。

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

液体肥料はどこにまくの?

基本的には根が栄養分を吸収できるよう、株元に向かって希釈した液体をかけてあげましょう。
希釈すると特に見た目が水と変わらないので、葉のうえからジャバジャバかけても問題なさそうですよね。
でも、葉に液体肥料がついてしまうと、特に天気がよく気温が高い日は水だけが蒸発し、液体肥料の成分が残ることがあります。
すると、葉の部分が変色を起こしたり枯れたりすることもあるので、基本的には葉にかからないよう細口のじょうろを使って株本にかけてあげましょう!

↓おすすめのじょうろはこちらのページで紹介しています、よかったらご参考までに<(_ _*)>

【経験談あり!】じょうろ選びのポイントと使いやすいジョウロ6選!

液体肥料は葉に散布できる

液体肥料の魅力は、水で希釈したものをスプレーボトルに入れて葉にふきかける、葉面散布ができること。
霧吹きで葉の裏側を中心に散布してあげることで、水不足で弱っている植物に葉を通じて栄養を与えられます。
ほかにも肥料やけや根腐れで、花や野菜がスムーズに水分を吸収できないときも役立ちますよ。

ただし先ほどもご説明したように、葉面散布は気温や気候に気を付けないと葉が変色してしまいます!
慣れないうちは株本に液体肥料をかけて、根から吸収させるのがおすすめです。

慣れないうちは「ストレートタイプ」の液体肥料がおすすめ!

液体肥料はそのまま植物に使えるストレートタイプと、植物に合わせて濃度を調整する希釈タイプがあります。
ストレートタイプは希釈する手間もなく、そのまま植物に与えるだけなので、うっかり濃度を間違えてかけてしまった!なんて心配がありませんよ。

希釈タイプは植物の種類や状態に合わせて量を調整できるので、葉面散布におすすめです。
また、ストレートタイプでは肥料が多すぎる場合もあるので、不安な方は面倒でも希釈タイプで植物ごとに与える量を調整するという方法もありますよ。

 


 

液体肥料と活力剤の違いは?

ガーデニング初心者にあちがちなのが、肥料と活力剤の違いがイマイチわからないこと。
「同じものじゃないの?」と考える人もいるかと思いますが、実はこの2つは肥料取締法に当てはまっているものと、そうでないものという違いがあります。
肥料取締法は肥料に含まれる物質が決められており、堆肥などからできた特殊肥料、特殊肥料以外の普通肥料に分けられています。

そして、活力剤とは特殊肥料、普通肥料どちらの規格からも外れているもの。
肥料に欠かせないチッソやリン酸などが含まれていませんが、そのかわりに成長をサポートする鉄や銅などが配合されています。

活力剤はアンプル型になっているタイプが定番ですが、これは肥料とくらべてごく少量の補給で問題ないため。人間でたとえると、肥料はご飯やパンなどの主食、そして活力剤はマルチビタミンなどの健康食品のようなものです。

そのため、活力剤だけでなく肥料を植物に合わせた適量与えてあげる必要があります。

 

私もガーデニングを始めたばかりは違いがイマイチわからず、簡単に使えるアンプル型の活力剤を買ってしまいました…。
私のように間違えて肥料のつもりで活力剤をあげてしまわないよう、きちんと肥料と表記されている商品を選んでくださいね!

初心者が手軽に使える液体肥料をピックアップしました!

それでは、初心者におすすめの人気の液体肥料をご紹介します!
私が実際に使用したものも含まれているので、ぜひ参考にしてみてください。

万田酵素 万田アミノアルファ

 

万田酵素 万田アミノアルファ 500ml送料無料 肥料 液肥 液体肥料 花 野菜 家庭菜園 活性剤 有機液体肥料 ガーデニング アイリスオーヤマ 楽天

価格:2,940円
(2017/10/18 20:57時点)
感想(401件)


あの万田酵素から植物の生長をサポートする有機肥料が発売されています。
果実、根菜類、穀類、そして海藻類など合計数十種の原材料を長期熟成発酵させた、植物発酵生産物を中心とした有機液体肥料です。

有機肥料なので葉面散布にも使いやすく、もちろん私たちが口にする野菜にも安心して使えますよ!

ハイポニカ液体肥料

【送料無料】 ハイポニカ 液体肥料 A剤 B剤 各1L(1000ml)セット 家庭菜園 液肥 水耕栽培

価格:1,850円
(2017/10/18 20:57時点)
感想(39件)

こちらのハイポニカも、ガーデニングが趣味の方なら定番の商品です。
水耕栽培用の液体肥料ですが土栽培でも使うことができるので、プランター栽培をしている人にもおすすめですよ。

ハイポニカの特徴は、A液とB液で1セットになっていること。
これは植物が必要とする成分をすべて混ぜると、ほかの成分と結合して沈殿してしまうためです。
せっかく肥料を与えても沈殿した成分が吸収されず、肥料不足になることを避けるためにあえて2つの液体に分けられているのだとか。

今話題の水耕栽培に古くから着目していたメーカーとあって、ガーデニング好きの間でも信頼されているメーカーです。

多木有機液肥3号

有機液体肥料の最高峰! 【多木有機液肥3号/2.5kg】 驚きの声続々!(有機肥料・ガーデニング・園芸・栽培・畑・野菜・花に)【RCP】

価格:1,480円
(2017/10/18 20:58時点)
感想(3件)

プロ農家御用達と言われる液体肥料、多木有機肥料3号は楽天ランキングでも常に上位の人気商品!
土にやさしく良質な微生物が増えることで、肥よくな土に育ちます。
また、アミノ酸も豊富なので花はつややかに、くだものや野菜はおいしくなるという話題の液体肥料!
花を美しく長持ちさせたいという人や、病気にかかるリスクを減らしたいという人におすすめですよ。
こちらは1本で500mlペットボトル6本分が作れる、サンプルが200円で販売されています。
低価格でお試しできるので、はじめて液体肥料を使ってみたい人にもぴったりです。

ちなみに私もこちらのサンプルを購入し、実際にほうれん草とパンジーに与えたことがあります。
ほうれん草は防虫ネットを張っていたものの、虫に一部食べられてしまったことから、こちらの有機液肥を与えることに。
すると虫に食べられて元気がなくなったほうれん草も復活し、もうすぐ収穫できそうです。

ハイポネックスキュート

ハイポネックス キュート 観葉植物用 150mL 追肥 化学肥料 液肥 速効性 観葉植物 関東当日便

価格:400円
(2017/10/18 20:58時点)
感想(0件)

パッケージがかわいらしいこちらのハイポネックスは、あらかじめ希釈されているタイプ。
そのまま植物に与えられるので、液体肥料初心者さんも扱いやすいですよ。
数鉢程度の小規模なガーデニングなら、大きな液体肥料を買ってしまうと使い切るまでに何年もかかってしまいますよね。
こちらはコンパクトで置き場所も困らず、ワンシーズンで使い切れる量なので、お試しで使ってみたい人にもおすすめです!

ハイポネックス キュート シクラメン・ベゴニア用 150mL 追肥 化学肥料 液肥 速効性 シクラメン ベゴニア 関東当日便

価格:400円
(2017/10/18 20:59時点)
感想(2件)

ほかにもシクラメン・ベゴニア用やバラ用など、花の種類ごとに液肥が発売されているので、育てている植物に合わせたものを使ってみてはいかがでしょうか。

住友化学園芸 ベジフル液肥

ベジフル液肥 480ml【楽天24】[住友化学園芸 植物成長調整剤]

価格:588円
(2017/10/18 20:59時点)
感想(2件)

9種類のミネラルとビタミン、17種類のアミノ酸を含んだ、植物由来の天然有機物を配合した液体肥料です。
この天然有機物の働きにより微生物が活性化し、土質がフカフカとやわらかい肥よくな状態になりますよ。
有機肥料特有の臭さが少ないので、臭いが苦手という人にもおすすめです。

まとめ

液体肥料は花や野菜を元気いっぱいに育てるために欠かせないアイテムです!
液体肥料はお試し価格で購入できるものもあるので、ぜひお気に入りの商品を探してみてくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。