エンタメ系

凪のお暇を無料で読むには?3巻までのネタバレ感想をアラサーが語ります


 

今年のマンガ大賞第3位を受賞した、超話題作「凪のお暇(おいとま)」。

3巻まで読んだのですが、20代以上の女性なら誰もが刺さる内容ですね。

かくゆうアラサーの自分も読んでいて共感しまくりどころか、号泣レベルでした…。

今から「凪のお暇」を読むのなら、コミックスを買うよりもお得な方法があるのを知っていますか?

それは電子書籍を動画配信サービスから購入すること!

U-NEXTなら登録時にプレゼントされる600ポイントを使えば1巻分が無料!

特にFODプレミアムは8のつく日に400ポイント、つまり1か月で1200ポイントが受け取れます。

月額料金は888円なので、支払う金額以上にたくさんの電子書籍が読めるんですよね。

 

「凪のお暇」をお得に読みたい人に向けて、どんな作品なのか、登場人物やこれまでのあらすじをネタバレありでご紹介します。

凪のお暇のあらすじ

他人の顔色をうかがって空気を読んで生きてきた28歳のOL、大島凪。

大人しいことを利用されて同僚からは雑用を押し付けられ、彼氏との関係も一方的に奉仕するばかり。

早く私と結婚してほしいと悩む、むなしいOL生活を送っていました。

空気を読む日々にモヤモヤしながらも優しい性格ゆえ、なんとか持ちこたえていた凪。

凪の「空気を読む人生」が思わぬ方向に…

しかし、ひょんなことから同僚のグループLINEのやり取りを覗いてしまいます。

そこに書かれていたのは、「大島さんが不憫」「わたし大島さんみたいになりたくないわー」という、良いように利用され見下されている自分の姿でした。

愕然とする凪でしたが、「自分には大切な恋人、慎二というカードがまだある」と気持ちを切り替えます。

つらい気持ちでいる凪に、さらに追い打ちをかけたのが最愛の恋人慎二でした。

凪は慎二が同僚たちに「凪との結婚はない。けち臭い女は生理的に無理」と、あっけらかんに話す声を聴いてしまったのです。

 

「空気読んでこ。」

今までどおりハリボテの笑顔を作ろうと努力する凪。

しかし、彼女の精神はもうボロボロでした。

気付いたときにはストレスによる過呼吸を起こし、会社で倒れ込んでしまったのです。

 

新しい場所で新生活をスタートすることに

何もかもを投げ捨てた凪は、郊外のボロアパートに引っ越していました。

会社や彼、同僚すべてのつながりを捨てて新しい地で人生をリセットすることにしたのです。

そこには、まわりに合わせてブランド服にデパコスで武装したり、毎日くせ毛をストレートアイロンでていねいに伸ばしたりしていた凪はもういません。

Tシャツにハーパン、くるくる天パの頭をそのままに、質素ながらも自由な暮らしを謳歌していたのです。

まっさらになりたくて、服も家具も人間関係まできれいさっぱり断捨離した凪。

空気を読みすぎたゆえ、ストレスを抱えてしまったお疲れ女子が、人生をリセットすべくしばらく暇(いとま)をいただく、人生リセットコメディです。

1 2 3
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。