日本化粧品検定

「日本化粧品検定」にアラサー喪女が挑戦!受験方法・難易度・合格率は?


 

美容に関心のある人なら、一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

今女性がとりたい人気の美容資格として、人気が高まっているのが「日本化粧品検定」、通称コスメ検定です。

これまで累計10万人が受験した人気資格で、美容の仕事に携わる人からもっとキレイになりたいと望む方々が受験しています。

今回ついに、念願かなってコスメ検定にチャレンジすることにしました!

5月の受験に向けて、定期的に勉強法や日本化粧品検定の情報を発信していけたらと思っています。

ここではまず第1回として日本化粧品検定とは何か、受験方法と気になる難易度についてご紹介します!

第10回 日本化粧品検定の日程は?

受験日…2018年5月27日(日曜日)
申込期間…2月1日~4月5日
受験会場…札幌・仙台・水戸・東京・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・広島・高松・福岡ほか全国

まだ申し込み期間中です!

今のところ年2回の実施のようです、昨年は11月末だったため第11回目は11~12月になるでしょう。

公式サイトから申し込めるのでぜひぜひ。

日本化粧品検定とは?

日本化粧品検定はJCLA(一般社会法人日本化粧品検定協会)が運営している、民間資格です。

化粧品に関するスペシャリストを養成するための検定で、主に次のような内容が学べます。

・基本的なスキンケア知識
・美容皮膚科学
・化粧品の成分
・メイクアップ方法
・薬事法

など化粧品自体のことだけじゃなく、メーキャップについても学べるんですね。

日本化粧品検定の3級・2級・1級の受験料は?

化粧品検定は3級から1級までのレベルに分かれています。

3級は公式ホームページから無料で受験できますが、2級と1級は年数回開催される受験会場にて受験をします。

受験料

3級…無料
2級…6,000円
1級…12,000円
1・2級併願…18,000円

※税別

2級から順に受験することもできますし、いきなり1級からでもOKです。

また、同じ日に1級と2級を同時に受けられる併願もできるので、予算と自分のペースに合わせて選べますよ。

3級 入門編

化粧品を学習するにあたり覚えておきたい初歩的な知識。何回でもサイトから無料受験ができます。

簡単かと思いきや、最初は思い切り選択肢を間違えて不合格になりました…。

でも何回でもやり直しができるので、すぐに合格ができますよ!

ちなみに日本化粧品検定のことをつぶやくと、なんと自宅にこんな立派な合格証書を届けてもらえます!

無料なのに立派!

2級 基礎編

自分が化粧品、肌の構造について理解するための級。

学んだ知識をメイクに活かせる基礎知識が問われます。

テキストでは2級は間違ったスキンケアの仕方から、基本的な皮膚の構造まで学べる内容になっています。

あとは成分もちょこちょこ出てくるみたいですね。

普段から美容情報を集めている人なら、半分以上はすでに知識として覚えている内容だという印象です。

対象は美容業界で働きたいと思っている人、または働いている人。

化粧品の基礎知識から正しいメイクアップ方法、化粧品の歴史から、美肌のための生活習慣まで、自分がさらに美しくなるための知識を吸収できます。

1級 応用編

3、2級の内容に加えて化粧品の成分など、専門家としての知識が問われます。

テキストはかなり専門用語が多く、普段美容関係のジャンルを扱う仕事ながら、聞きなれない単語もありました。(私が知識不足なのもあります)

ちなみに、まだできて間もない検定ですが、あのロクシタンなどの化粧品メーカーも、社員教育の一環として受験を取り入れているようですね。

これから美容業界で活躍したいと思っている人は、ぜひ1級を目指したいところです。

で、1級合格後は「コスメコンシェルジュ」にステップアップすることもできます!

コスメコンシェルジュは、あらゆる肌悩みに合う化粧品を選べるプロフェッショナルとしての認定資格。

1級合格後認定プログラムを受講して、その後資格認定となります。

コスメコンシェルジュの人はコスメの専門家として、テレビや雑誌と言ったメディアで活躍できる場を紹介してもらえるそうです。

日本化粧品検定の3級・2級・1級の難易度は?

日本化粧品検定は毎回難易度が上がりつつあるとのブログ記事をよく見かけます。

受験前にびくびくしても仕方ないのですが、やっぱり難易度は気になりますよね。

ちなみに合格ラインは約70%以上の正答率となっています。

で、一番気になる合格率なんですが、できる限り公開されている情報をまとめてみました。

第6回

2級…71%
1級…72%

第7回

2級…68.9%
1級…61.5%

第8回

不明

第9回

2級…68.9%
1級…65.3%

 

上がっていているように見せかけて、全体的に少しずつ下がっていっていますね!

受験者が10万人を突破したとあって、全体的な難易度の底上げをしているようです。

合格した人の体験記を読むと、「問題集よりも難しかった」「テキストの太字じゃない部分からも出題された」といった、想像よりも難しくて驚いたという意見が見られます。

いや~受験前からこの結果を見ると緊張するけど、5月までひたすら勉強するのみですね。

日本化粧品検定の受験方法は?

3級は公式サイトで受験できるとご紹介しましたが、2級と1級は会場での筆記試験です。

受験するには申込期間中に、公式サイトの「日本化粧品検定1級・2級申込」フォームから申し込みましょう。

①受験申込フォームに必要情報を入力
②支払方法の選択
③受験票の受け取り(試験日の約2週間前)

くわしくはこちらから確認できますよ。

日本化粧品検定の勉強方法は?

検定1級と2級については、公式テキストでの独学が基本です。

私は公式テキストにプラスして、公式サイトで発売されている問題集も行っています。

基本的にはテキスト+問題集だけでいけるようですが、ほかにも「コスメの教科書」などの関連書籍も用意すると、さらに美容知識が深められますよ。

テキストの購入はこちらから↓

具体的にどのようなスケジュールで勉強しているのかは、また後ほどブログにしたいと思います!

ちなみに3月15日現在、2級テキストの第2章まで。

2か月半を切ったのにめっちゃ遅いですやばいです。

今月中には2級テキストを終えて1級テキストに入りたいところですが…がんばります。

ほかにわからないことがあれば、公式サイトの「よくある質問」を見てみましょう。

化粧品検定やコスメコンシェルジュについてのQ&Aがまとめられているので、より詳細な情報は以下からどうぞ!

日本化粧品検定 よくある質問

私が日本化粧品検定を受験しようと思った理由

 

私が日本化粧品検定の存在を知ったのは今から2年前のことです。

仕事柄、美容に関する情報を調べることが多く、この知識を形として残したいという気持ちがずっとありました。

そこで見つけたのが日本化粧品検定。

美容資格の中でも人気が高まってきており、美容業界で働く人々がこぞって受験しています。

資格をとればさらに仕事にも活かせるので、ずっと受験を検討していました。

ですが田舎なので受験会場が遠い&娘が小さいからそもそも行けない。

ということで諦めていたんですが、娘も少し成長しおばあちゃんとでも過ごせるようになってきたので、この機会に思い切って受験することにしました!

本当は結果がわかってからブログにしようと思ったのですが、受験前の今のことも記録しておきたいと思い、受験までの道のりとして定期的に発信したいと考えています。

次は3月中に具体的な勉強方法をまとめたいと思っています。

これで不合格だったらめっちゃ恥ずかしい…。

合格に向けてがんばりましょう!



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。