アートメイク

【アートメイク】眉・アイラインの口コミレビュー!経過を写真で公開!


デザイン後は麻酔をして待機

デザインが終わったら眉毛の上からクリーム状の麻酔を塗ります。

麻酔がしっかり利くようにそのまま施術室で20分ほど待機。

シロノクリニックはデザインから施術まで、すべて個室の施術室で行っていただけるのでイモト眉毛を周りに見られる心配がありません。笑

眉毛のアートメイク本番!痛くすぐったい感じ…

アートメイクどころか美容クリニックに行ったのも初めてな女子力ゼロの私。

めっっちゃ緊張していたのですが、担当の方がていねいに対応してくださったのでリラックスして過ごせました。

 

シロノクリニックでは毎回新しい針につけかえたマシンを使うなど、安全面も徹底しています。

で、いざ眉毛に施術がスタート!

 

気になる痛みですが「なんか眉毛がむずがゆい」という程度。

たとえるなら、眉毛を指先でカリカリをひっかいているような…不思議な感覚です。

いくら麻酔をしているとは言え痛いだろうなあと思ったのですが、本当に皮膚の表面をくすぐられているような感覚だけでした。

実際に眉毛は痛みが少なくて、眠ってしまう人もいるのだとか(‘ω’)ノ

 

眉毛全体に色を入れてふき取り→また色入れというのを何回か繰り返して、色を定着させていきます。

眉毛の施術自体にかかる時間は1時間程度でした。

カウンセリングを入れても早い人なら2時間くらいで終わりそうです。(私はアイライン下も行ったので3時間ほどでした)

後半はけっこう痛みが出てきた

私の場合は色を入れられている痛み自体はほとんどなかったのですが、後半になるにつれて全体的にやけどしたようなヒリヒリした痛みが出てきました。

「眉毛周辺が熱い!焼けるようだ!」と、バトルアニメの主人公の気持ちを味わいましたが…我慢できずに追加で麻酔をしてもらうことに。

 

麻酔をしていただいて5分も経たないうちに、痛みはいつの間にかなくなりました。

なかにはまったく痛くなかったと口コミしている人もいますが、麻酔の効き具合と痛みの感じ方は人それぞれだそうで。

私の場合も最初はまったく痛くなかったものの、色を入れていくうちに麻酔が弱まって痛みが強くなってきました。

痛みが強かったらすぐに麻酔を足してもらえるので、遠慮なく担当者の方に申し出ることをおすすめします…。

ホント我慢しすぎて痛かった…、2回目は早めに担当者の方に伝えることにします。

何回か鏡で確認して完成!

鏡を見るたびにすっぴんなのに眉毛ががっつりある自分に違和感バリバリでしたが、無事色が入ったとのことで完成です。

施術後は腫れをおさえるために、冷やしたコットンを眉毛の上に乗せて10分ほどクールダウンしました!

次はアイライン上のアートメイク!あれ、眉毛より痛くないぞ…?

眉毛のクールダウンが終わって、一度お手洗いに行ったら続けてアイラインのアートメイクをしていただきました。

目に近いアイラインに色を入れるので、眉毛よりもはるかに怖い!

痛くて思わず目を動かす→マシンが目に入って…と事故が起きないか、本気で心配してました。

 

結論からご紹介しますと眉毛よりも痛くなかった。

アイラインは痛いと感じる人が多いと言われたので覚悟していたのですが、まず削られている感覚がない。

本当に目を軽く手でこすっているような程度で、くすぐったいものの痛みはありませんでした。

ちなみにアイラインの施術中は、目を開けるのがNGです!

麻酔は目に入っても問題ないのですが、けっこうしみるので施術が終わるまで大人しく閉じていることをおすすめします。

1 2 3 4 5
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。